技術革新は仕事を奪うか―週刊東洋経済eビジネス新書No.160

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 110(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

今後10~20年で人工知能(AI)やロボットに代替される可能性が高い職業に就いている人は、米国で47%に上る。日本でも、ほぼ同程度との調査が発表された。テクノロジーの進化はどこまで人間の仕事を奪うのか。もはやSFではない技術革新の驚異的なスピード。その現実を紹介しつつ、あわせて誰もが大きな変化に直面する近未来へ向けたポイントを探る。 本誌は『週刊東洋経済』2016年2月20日号掲載の15ページ分を電子化したものです。●●目次●●テクノロジーは仕事を奪うかAIが変える仕事の未来ロボットが同僚になる日シリコンバレー・年収相場は青天井トヨタはAIで勝てるのかプログラミング教育が注目を集めるワケ【COLUMN】 シェアリングが雇用を揺さぶる【INTERVIEW】 会社任せは禁物・スキルは自分で磨け

続きを読む

セーフモード