【最新刊】目撃

目撃

1冊

著者:深谷忠記

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    八歳の時、母が父を刺し殺す現場を目撃した作家の曽我。39年後、彼は弁護士・服部朋子の要請で関山夏美の夫毒殺事件の控訴審に関わる。逆転無罪をねらう朋子がしかける息づまる法廷場面、迫真の本格推理。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/13Posted by ブクログ

       夫を毒殺した容疑で収監された関山夏美。目撃証言から逮捕に至ったのだが、夏美は犯行を頑なに拒否し、その時間は現場から遠く離れたラブホテルに行きずりの男と一緒にいたのだと言い張る。しかし裁判では圧倒的に...

      続きを読む
    • 2012/02/11Posted by ブクログ

      主人公の小説家は39年前の事件目撃者であり、両親が当事者。
      一方、4年前の事件にかかわることになり、その重要な証拠が目撃者という二重の目撃に焦点を当てた話である。
      4年前の事件の犯人とされる女性は無実...

      続きを読む
    • 2006/01/11Posted by ブクログ

      大好きな裁判物かな?と思って読んだけど裁判シーンはあまりなかったな・・・。でも記憶についての考証はおもしろかった。

    セーフモード