【最新刊】濃姫 信長神話としての賢妻濃姫。

濃姫 信長神話としての賢妻濃姫。
1冊

瀬木翠/MBビジネス研究班

322円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

さっと読めるミニ書籍です(文章量25,000文字以上 30,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。【書籍説明】織田信長正室濃姫。父は戦国の梟雄、「美濃のまむし」こと、斎藤道三。そして夫は天下人、英雄織田信長。これまで彼女については、信長との夫婦仲及びその没年についても、様々に取り沙汰されてきた。そして濃姫は周知の通り、極端に関連史料が少なく、またけしてその史料の質も、良いとは言えない。また、相互に矛盾するかのような情報も存在し、錯綜している状態である。このため、なるべく史実に添ったつもりの濃姫について書こうとしたが、作業は大変な困難を極めた。しかし、私の見解としては、やはり破天荒な夫信長にはついていけない妻で不仲、そしてやはり早世・離縁の可能性が高いと判断した。また、賢くはあったのかもしれないが、それは理論的な頭の良さであり、あくまで理知の方が勝り、あまり夫の操縦は得意ではなく、とうとう信長の心を掴むことはできなかった、悲劇の正室という印象を受けた。最後まで信長の名高い愛妾、生駒氏から、夫信長の心を取り戻すことはできなかったのであろう。それにしても、かくも、信長のような強烈な個性を持った人物の、正室を務めるということは、いかに困難な… 以上まえがきより抜粋

続きを読む
提供開始日
2016/05/15

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード