【最新刊】漢字雑談

漢字雑談

1冊

高島俊男

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    義「援」金、名誉「棄」損、膨「張」……その漢字、おかしいですよ。編と篇はどう違う? 古く中国から入った日本語とは? 明治に英語が入ってきて、日本語はどう変わったか? 日本で生まれ、中国で使われていることばとは? 読んでナットク、漢字と日本語のヒミツにふれる名コラム集。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    10
    5
    0
    4
    6
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/03Posted by ブクログ

      なんか難しいんじゃないかと思ったけどわかりやすくてよかった。
      読んだはしから忘れていくんだけれど。

    • 2015/07/22Posted by ブクログ

      いつの時代も権力は暦と文字を管理する。「どの国でも文字改革というのは、前の歴史との連続性を切断するために行う」と佐藤優は説く(『国家の自縛』)。当用漢字とは「当座は用いて構わない漢字」という意味で、G...

      続きを読む
    • 2015/03/24Posted by ブクログ

      こういう漢字の知識については,いかにも「博学」という言葉を感じる.原典がどこにあるか,さらりと説明している様子が心地よい.そういう知識をもとに,日本語における表記の問題もいろいろと挙げている.

    開く

    セーフモード