【最新刊】冤罪死刑

冤罪死刑

1冊

緒川怜

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    三年前に発生し、犯人逮捕で終結したはずの少女誘拐殺人事件。しかし、冤罪スクープを狙う通信社記者と、正義感に燃える女弁護士が事件を洗い直すと、意外な新事実が。死刑判決、小児性愛、ハニートラップ、偽証、老刑事の告白――。どんでん返しの連続の後、幾重にも張られた伏線が鮮やかに回収される、会心作!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3
    9
    5
    0
    4
    2
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/06/05Posted by ブクログ

      三年前に発生し、犯人逮捕で終結したはずの少女誘拐殺人事件。しかし、冤罪スクープを狙う通信社記者と、正義感に燃える女弁護士が事件を洗い直すと、意外な新事実が。死刑判決、小児性愛、ハニートラップ、偽証、老...

      続きを読む
    • 2018/03/20Posted by ブクログ

      インパクト大なタイトルに惹かれ購入。
      少女誘拐事件が起こり、その犯人とされる男が実は冤罪なのではないかと奮闘する記者。

      死刑が執行される場面ははかなり細かく、かなりリアル。
      しかし色々と詰め込みすぎ...

      続きを読む
    • 2017/03/09Posted by ブクログ

      誘拐事件で犠牲となった少女。
      ひとつの事件は被害者となった少女の死だけに留まらず、被害者家庭をも壊していく。
      犯人として逮捕された男は裁判にかけられ、判決は死刑。
      だが、男は冤罪を訴える。
      男の声に耳...

      続きを読む
    開く

    セーフモード