【最新刊】奪還

奪還
1冊

麻生幾

730円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

一人の女を捜して欲しい── すべてはその依頼から始まった。依頼主が頼ったのはフィリピンで暮らす海自の元特殊部隊員、河合斌。“海洋民族”の女、ラレインから海の戦いを学ぶ河合は、心の奥深くに秘めたある思いが現実となる日を待っていた。“人捜しビジネス”を請け負った河合だが、その先に壮大な陰謀が待ち受けていようとは知る由もなかった。

続きを読む

同シリーズ 全1巻

レビュー

2.5
4
5
0
4
0
3
3
2
0
1
1
  • 2018/02/27Posted by ブクログ

    フィリピンで暮らす元特警隊の男が、地元の犯罪組織から、マフィアに誘拐されたMSFの日本人医師の奪還を打診され、救出に乗り出すが、その事件には裏があって…という話。 伊藤祐靖氏をモデルにした男を中心に、...

    続きを読む
  • 2014/11/02Posted by ブクログ

    話がくるくると変わる。 そしていきなり登場人物が増える。 そして、重要な登場人物がいきなり死ぬ。 なんの必然性もなしに。 そのため話が分かりづらい。 終わり方も今ひとつ。 安易に終わりすぎだよなー。

  • 2014/09/23Posted by ブクログ

    『宣戦布告』や『外事警察』など、軍事・公安関係に詳しい麻生幾さんの作品。詳しい取材を基にした実在の機関を基にしつつ、そこに「ありえない」フィクションを乗せ、リアリティと非リアリティの谷間を突いてくるの...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード