【最新刊】花曇り

花曇り

1冊

赤井三尋

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    囲碁のタイトル位にまつわる因縁の対決(「花曇り」)、テレビ局の女子清掃員に降りかかる受難(「クリーン・スタッフの憧憬」)、ビンゴというピンボール風のめずらしいゲーム機が呼び起こす青春の一幕(「三十年後」)など、ひねりのきいた意想外の結末と情味あふれるミステリー短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/09/09Posted by ブクログ

      短編集なのだが短すぎる作品が収録されているなど作品が全体的にまとまりが悪く感じた。また短すぎる作品は内容も何もないような作品だった。

    • 2011/06/07Posted by ブクログ

      ちょっとしたオチがあるような話を集めた短編集。
      なんか、統一感が無いというか、寄せ集めっぽいかも。そして、期待値が高い作家さんだけに、すかされた気にさえなった。
      とはいえ、表題作は秀逸。

    セーフモード