【最新刊】ロック母

ロック母
1冊

角田光代

572円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

作家としての苦悩のはじまりに“しょぼんとたたずむ”忘れ難い作品、「ゆうべの神様」。シングルマザーになる覚悟で離島の実家に帰った私を待っていたのは、恐ろしいほど変わらない風景と“壊れた”母親だった。――川端康成賞受賞作、「ロック母」など、15年にわたる作家活動をあまさずとらえた傑作作品集。

続きを読む
提供開始日
2016/05/13
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

同シリーズ 全1巻

レビュー

3.3
41
5
6
4
12
3
13
2
9
1
1
  • 2019/03/27Posted by ブクログ

    デビューして間もない1992年から2006年まで、短編小説が集められた一冊。初期である程尖って不機嫌な話が多い。妊娠中読んだ「ピンク・バス」も独特の気持ち悪さがあったけれど、こちらに収録されている「ゆ...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2018/04/09Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/02/17Posted by ブクログ

    最終章の「イリの結婚式」の一部を仕事で読み、気になって本編を読んだ作品。主人公がハムスターの死によって彼氏と死に対しての価値観の違いを認識し、そのまま破局してしまう話。 死に対して諦めてしまっている主...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード