【最新刊】ピアニッシシモ

ピアニッシシモ
1冊

梨屋アリエ

483円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

幼い頃に松葉の孤独を慰めてくれたのは、隣の家から流れるピアノの音色だった。中学3年になった松葉は、そのピアノの行方を追い、新しい持ち主紗英と出会う。同い年でも、性格も家庭環境もまるで違うふたり。松葉は華やかで才能のある紗英に憧れ、心の拠り所を求めていくが……。

続きを読む
提供開始日
2016/05/13
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

4
12
5
5
4
3
3
3
2
1
1
0
  • 2018/04/24Posted by ブクログ

    松葉が幼い頃心慰めてくれた隣家のピアノが譲られた先で出逢った紗英。華やかで自信家の紗英に松葉は惹かれていくのだった。 性格も家庭環境も違うふたりの少女が出逢うことで始まる物語。しかしそこから想定され...

    続きを読む
  • 2017/04/27Posted by ブクログ

    思春期特有の大人に対する嫌悪感、独特な世界や思考、自分に酔っている、あの年齢ならではの綺麗でみずみずしいものが鮮明に書かれています。 幼さから抜け出し、汚れた大人へ… そのはざまで揺れる少女達 当...

    続きを読む
  • 2014/08/18Posted by ブクログ

    読み返すのに覚悟のいる作品です。 いろいろな矛盾やそれに対する憤りに対してどう対処していくのか。 それのヒントが書いてあるような気がします。 ただ俺にはまだよくわからないな…

もっと見る

セーフモード