【最新刊】女性のADHD

女性のADHD
1冊

宮尾益知

1,404円(税込)
ポイント 14pt

通常ポイント:14pt

よく知られていても実は誤解が多いADHD。男女差があり、女性は男性ほど「多動性」「衝動性」の特性が目立ちません。「不注意」の特性があるのにADHDと気づかず、落ち込んで心身の不調に陥る人もいます。またアスペルガー症候群と誤解され、正しい治療やサポートが得られない人もいます。本書では、女性に特徴的な現れ方・背景をはじめ、診断・治療のポイントから周囲との付き合い方まで丁寧に解説します。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

続きを読む
ページ数
102ページ
提供開始日
2016/05/13
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
  • 2018/12/24Posted by ブクログ

    ADHDの女性の特徴と、対処方法などが書かれている本。 私と、娘と、そして私の母に、とっても通じる…。 母は、みんなそんなもんだったと記憶していて、だから私がだらしなくてもそこまで気にしてはいなかっ...

    続きを読む
  • 2018/07/19Posted by ブクログ

    そもそも女性は症状の出方が男性と異なり、診断されにくいというのが興味深かった。イラストも多く読みやすいのが好印象。

  • 2016/12/15Posted by ブクログ

    取っ掛かりとしては良書。 もっと他の本で掘り下げたくなった。 変形サイズなので合うブックカバーがない。電車の中で丸裸で読むには恥ずかしいし… すぐ読み終わるので家で読めば十分ではあるけれど。

もっと見る

セーフモード