旗本金融道 : 3 馬鹿と情けの新次郎

経塚丸雄

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大目付の跡部信濃守が、“命の恩人”新次郎に「ぜひ婿入りして欲しい」と懇願してくる。お松との縁組の先行きが見えない新次郎、この申し出に心が揺れる。さらに、榊原家の食客となったお松の兄・梅太郎の処遇をめぐり、中間や小者の不満が高まり、家中が険悪な雰囲気に包まれてしまう。まさに八方塞がりの新次郎だが、そんなある日、珍しく兄の宇吉郎から呼び出され、驚くべき相談を受ける。疾風怒濤の新シリーズ第三弾!

    続きを読む
    • 旗本金融道 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      旗本金融道 全 5 巻

      2,585円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/28Posted by ブクログ

      祖父の源太郎がかどわかされ、新次郎自身も幕府評定所に召喚され、あのこわい鳥居耀蔵の審議を受ける。このままでは切腹どころか首切りにもなりかねない。最大の危機をどう乗り越えるのか。もちろんこういう小説だか...

      続きを読む
    • 2018/07/13Posted by ブクログ

      経塚丸雄氏、初読みです。「旗本金融道(一)銭が情けの新次郎」、2016.3発行。旗本の次男坊、安藤新次郎は、母方の祖父、榊原源兵衛のところに養子縁組に。この榊原家は百八十俵なれど金貸しで年二千両の収入...

      続きを読む
    • 2020/07/16Posted by ブクログ

      図書館の本棚で見つけて、ふーんと思って借りたら、これが結構面白かった。乱暴者の旗本の次男坊が、母方叔父が死んだため、その家の跡を継ぐことになる。ところが、叔父の父親は健在で、旗本のくせにとんでもないど...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001707975","price":"528"}]

    セーフモード