【最新刊】日本一わかりやすいがんの教科書

日本一わかりやすいがんの教科書
1冊

著:水上治

1,100円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

がんは、とても身近な病気です。日本人の2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなっています。しかも、年々増えていて、死亡者数は、この半世紀で4倍に増えています。にもかかわらず、家族や自分ががんになっても、みんな、どうしていいか分かりません。「3分診療」に違和感を感じながら、担当医の言うがままに手術したけれども、再発や転移を繰り返し、抗がん剤の副作用に苦しみ、やがては、それも効かなくなって、担当医に「もう治療法はありません」と見放された末に、「がん難民」になってしまう。そんながん難民は、100万人を超えるとも言われています。我々はもっとがんの知識を身につけ、三大療法以外にも選択肢があることを知り、病院や医師をどう選ぶか、担当医とどう話すか、そして検査・治療のことも知った上でベストな方法で治療すべきでしょう。本書はその参考とするため、本音で綴ったがんの教科書です。

続きを読む
提供開始日
2016/05/06

レビュー

2
1
5
0
4
0
3
0
2
1
1
0
  • 2017/11/25Posted by ブクログ

    社内誌のプレゼントに当選したこの本! 自分はがん家系ですので、勉強になりました。 「がん細胞は一日5000個発生するが、それを免疫細胞がやっつけている」 「がんは自分のDNAが作り出したもの。 罹っ...

    続きを読む

セーフモード