封仙娘娘追宝録・奮闘編(4) 夢の涯

著者:ろくごまるに イラスト:ひさいちよしき

561円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    朝ご飯の香りにみちた厨房で、和穂は眠い目をこする。今日もごく普通の代わり映えしない一日が訪れるはずだ。友人と塾へ行き、買い物をして、そして、そして……あれ、殷雷って誰だっけ!? 弱い力しか持たない宝貝に和穂は窮地に追い込まれた!

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/25Posted by ブクログ

      何故か手元になかったが既読だった。よくあること。本編に顔を出している人物(?)が登場。この時点で本編と短編の位置関係がわかる。作者ブログの作品紹介にあったが、表題になってる「夢の涯」が良い。

    • 2006/08/31Posted by ブクログ

      夢の中のもう一つの人生…
      戦いも無い普通の、ごく幸せな人生。
      夢の涯に出会うものとは?

      ろくご短編の中でも秀逸の出来。

    • 2006/05/15Posted by ブクログ

      表題作が秀作です。
      別の短編で導果(どうか)というキャラクターが現れます。この人のぶっ飛び具合がまた良好

    セーフモード