【最新刊】P+D BOOKS 夏の砦

P+D BOOKS 夏の砦

辻邦生

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北欧で消息を絶った日本人女性の精神的彷徨。織物工芸に打ち込んでいた支倉冬子は、一枚のタピスリに吸い寄せられ、魅惑されてしまう。ついにはヨーロッパに留学する決意までした冬子。だが、冬子は、ある夏の日、その地方の名家ギュルンデンクローネ男爵の末娘エルスと孤島にヨットで出かけたまま消息を絶ってしまう。冬子が残した手記をベースに、生と死、または愛の不安を深く掘り下げた小説となっている。絶対的な孤独の中、日本と西欧、過去と現在を彷徨しながら、冬子はどのように再生していくのか……。辻邦生が自著『生きて愛するために』で語った「死というくらい虚無のなかに、<地上の生>は、明るく舞台のように、ぽっかり浮かんでいる」という彼の死生観とともに、西欧的骨法によって本格小説を日本に結実させんとした、辻文学初期傑作の一つである。巻末に「創作ノート抄」を併録。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/05/13
    連載誌/レーベル
    P+D BOOKS
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/04/04Posted by ブクログ

      辻邦生 「 夏の砦 」

      生命力ある美を創作するまでの 主人公の精神的な遍歴を描いた小説。創作の基本様式が 個性となるまでの心理過程とも読める

      精神的な遍歴
      *母の作品の世界を 私なり(私の情感を入...

      続きを読む
    • 2016/06/26Posted by ブクログ

      初期の長編小説。
      P+D BOOKSからは『廻廊にて』に続いて2作目。本作も『女性の芸術家』という存在がかなり大きかった。そこはかとなく官能的なところも良かった。
      巻末に創作ノートも収録。

    セーフモード