【最新刊】恐怖箱 風怨

恐怖箱 風怨

1冊

著:雨宮淳司

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    実話怪談としては長編と言ってもいい50ページを超える大作「撃墜王」「背中」、30ページを超える中編「恋の見立て」「ヒューム」を含む全8作を収録。どれもこの長さでしか収められない途方もない怪奇事件である。長きにわたる真摯な取材によってしかなしえない究極の実話怪談と言っていいだろう。恐怖はふいにやってくる。首筋を撫でる北風のように、荒々しく巻き上げるハリケーンのように、あなたを突然襲い翻弄する。それは見えないし、避けることもできない。生きている限り、あなたの呼吸する空気にもはや「それ」はいるのだから……。じっくりと呼吸するようにこの濃密なる恐怖を堪能していただきたい。謎に包まれた因果をひも解く昂揚感、妖しくも馨しい昭和の匂い、すべてが実話であるという衝撃を噛みしめながら――。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/29
    出版社
    竹書房/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/04/28Posted by ブクログ

      ストーリーよりも語り口の問題で、よみづらかった。簡潔にストーリーを展開するのが「超怖い話」の基本的スタイルなのだが、妙に小説っぽい。物語として読むには文体が読みにくい。

    • ネタバレ
      2012/03/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード