【最新刊】江戸幕府と国防

江戸幕府と国防
1冊

松尾晋一

1,458円(税込)
ポイント 14pt

通常ポイント:14pt

三代将軍家光以降、鎖国政策をとってからは、18世紀後半まで異国からの脅威は日本になかったと思われているかもしれません。が実際はさにあらず。鎖国時代にも、通商を求める葡国や英国船の来航があったのです。全国的に沿岸警備体制は維持され、とくに長崎は軍事力を背景とした防衛システムがありました。実は江戸時代を通じて、異国船問題は幕府レベルの重要な問題でありつづけたのです。幕府の国防を史資料で解き明かします。

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
1
4
0
3
2
2
0
1
0
  • 2018/09/14Posted by ブクログ

     「鎖国」下の徳川幕府による「異国船」対策、沿岸警備・海防体制の変容・変遷を長崎の状況を中心に明らかにしている。一般に近世の海防問題が自覚されるのは、せいぜいラクスマン来航以降、少し物知りでも「ハンベ...

    続きを読む
  • 2013/04/17Posted by ブクログ

    「自国は鎖国中である」と宣言すれば鎖国という状態を維持できるわけではなく、南蛮船、唐船、ロシア船などの来航に、繊細かつ臨機応変な対応があってこそ維持できたことがわかる。外交スタンスとして学ぶべきところ...

    続きを読む
  • 2013/04/14Posted by ブクログ

     この本は、「一七世紀前半から一九世紀前半における幕府対外政策のなかでも異国船対策」(P.7)について述べている。この分析により、「ロシア船来航以後の新たな時代的課題に対応するために、どういった準備が...

    続きを読む

セーフモード