【最新刊】恰好いい老い方、みっともない老い方

恰好いい老い方、みっともない老い方

著:川北義則

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「現役時代の肩書きや人脈に執着する」「誰も読まない自費出版を無理やり送りつける」「お店のスタッフに対して横柄な態度をとる」……。いまこんな「みっともないシニア」が増えているという。本書では、仕事も社会的地位も失い、たいした趣味もなくまともな人間関係を築けなくなった定年後のビジネスパーソンに向けて、愉しく満足のいく第2の人生を歩むためのヒントを紹介。「自分が自由に使えるお金を持て」「くだらない終活産業に騙されるな」「仕事があれば続けろ」「年をとったら冠婚葬祭には行かない」「少しはお洒落をして街へ出よ」「本を読む習慣を捨ててはいけない」など、厳しくも温かいメッセージが満載。老後を恰好よく愉しく謳歌するための知恵を一挙公開する。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/29
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント
    • 恰好いい老い方、...

      恰好の良い本です。頷ける事が沢山有りました。最早、実家の母に実践できることは限られているものの、間もなく(もう)現役引退世代の身には参考になる考え方があります。まぁ、何にしても『健康』と『そこそこのお...

      続きを読む
    • 恰好いい老い方、...

      なかなか面白かった。最近の「老後」に関する本はマイナスイメージのものが多い。私もそういう本を数冊読んで気が滅入っていたが、何とも前向きになれるエッセイでした。退職したらただの「高齢者」、過去の肩書きに...

      続きを読む
    • 恰好いい老い方、...

      将来を悲観しすぎずに、遊べるときに遊ぶ。これにつきる。

    • 恰好いい老い方、...

      人は必ず年をとるし、年を取れば昔と同じようには動けなくなる。好みとか好まざるに関わらず、それは事実であり否定はできない。だからこそ無理に抗おうとするのではなくてそれを受け入れた上で出来ることをやる。そ...

      続きを読む
    • 恰好いい老い方、...

      意気な老人の書いたエッセイ本で面白かった。好きにお金は使え、一人で行動せよ、おしゃれせよ、趣味を持てなどなど定年退職後の充実した人生を展望すると、良い指針を与えてくれます。3年前にこの著者の本を読んで...

      続きを読む

    セーフモード