【最新刊】絶歌

絶歌

元少年A

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1997年6月28日。僕は、僕ではなくなった。酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aが18年の時を経て、自分の過去と対峙し、切り結び著した、生命の手記。「少年A」――それが、僕の代名詞となった。 僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な「記号」になった。それは多くの人にとって「少年犯罪」を表す記号であり、自分たちとは別世界に棲む、人間的な感情のカケラもない、不気味で、おどろおどろしい「モンスター」を表す記号だった。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/22

    レビュー

    2.8
    84
    5
    6
    4
    22
    3
    29
    2
    11
    1
    16
    レビュー投稿
    • 2016/02/26Posted by ブクログ

       「神戸連続児童殺傷事件 元少年A」の手記であり、その出版に対して世間では物議を醸している。 ただ問題はいろんな水準にあり単純ではない。
       
       まずは本書を読まずに語れる批判である。そしてそれはネット...

      続きを読む
    • 2015/07/01Posted by ブクログ

      本の内容の前にブクログやAmazonのレビューをみてとても気持ち悪さを感じた。
      本を読んでいない人達がこの本のレビューをして絶対に読まないという宣言をしながら低評価をしている。
      本来本のレビューという...

      続きを読む
    • 2018/04/18Posted by ブクログ

      低評価が多い本書。
      最初の2-3ページを読んだ時点で彼の文才、知識を見て驚愕した。読み進めていくうちに、彼の心の中を知り、絶望に打ちのめされ逃げられない状況にいる中で、必死にもがき苦しみながら生きる道...

      続きを読む
    開く

    セーフモード