つくも堂恋日誌 ~笑わぬ狐に恋の特効薬~

アザとー イラスト:廿楽

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    つくも、俺に食べられてくれるのかい? ■『百年の退屈』という虚無の病にかかっている狐のあやかし・狐火ほむら。病を癒すには“花”を食べる必要があった。そんな彼に人知れず憧れる、つくもという娘。つくもがバイト先で失敗し、それを偶然にも救ったほむらだったが、つくもが結局そのバイト先をクビになったことを知り、ほむらは自らが店主をつとめる古道具屋『九十九堂』に勤めないかと誘う。……九十九堂は、年月を経て『フルモノ』となった妖怪たちの巣窟であった。その中で、ほむらとつくもは心を通わせ、求めあうままに体を重ねる。人間と妖怪という種族の壁を越えて、二人は真実の愛を手に入れられるのだろうか――。――病を癒す、“花”の本当の意味を知ることになった、ふたりは……。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード