【最新刊】先輩と私

先輩と私
1冊

著:森奈津子

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    T女子大学好色文学研究会の会員・光枝は、会長の阿真理先輩(ロリ巨乳系)に淡い恋心を抱いている。それを知ってか知らずか先輩はつれなくて、オナニーによる女性の真の自立と解放を叫ぶのみ。光枝は仕方なく、エッチな小説を書いて自らを慰める、しょんぼりな毎日。そこへライバルサークルの会長、華代の魔の手が。笑いとエロスが奇跡の融合を遂げた、著者の真骨頂。女だらけの官能小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/22
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    8
    5
    2
    4
    1
    3
    3
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/19Posted by ブクログ

      ライバルサークルの会長に目をつけられてしまった主人公。
      うっかりとお誘いに乗ったばっかりに
      大変な現実に行きあたってしまった。

      どんなに魅力的なお誘いがあっても
      付いて行ったら大変ですよ、な状態。
      ...

      続きを読む
    • 2015/03/24Posted by ブクログ

       官能小説ではあるがとにかく明るい、官能小説が暗くじめじめしているという感覚がすでに古いのだろう。古きことは素晴らしきかな(笑

    • 2012/12/09Posted by ブクログ

      いや、面白かった!
      笑えるけど、エロい。エロいけど、笑える。笑いと性欲が同時に(あるいは交互に)喚起される作品って確かに珍しい。

      あとがきで「オジサマたちにフェミニズム・レズビアンネタで笑って、使っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード