【最新刊】恐怖箱 怪医

恐怖箱 怪医
1冊

著:雨宮淳司

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

科学の聖域とでも言うべき医療の現場で起きた、想像を絶する異常現象。にわかには信じがたい―だが人ならざるモノの存在を肯定しなければ説明のつかぬ怪奇事件の数々を、長く医療に携わってきた著者が物語風に綴った戦慄の異色実話怪談集。これがすべて本当にあった話だというのだから、もう病院へ行くことが恐ろしくなる。生と死の交差点、病院。そこに霊が存在することを当たり前と見るか否か、それはあなた次第である。ただ、最先端科学をもってしても消せぬ何かが今日も潜んでいる、そのことだけはもはや疑いようがない。ある意味、病院そのものがひとつの巨大な病巣と言えなくもない。実話怪談コンテスト【超-1】2006年度大会で発掘された異才が、ついにデビュー。従来の「病院の怖い話」とは一線を画する重厚な大人向け怪談であることをここに宣言する。

続きを読む

レビュー

3.5
2
5
1
4
0
3
0
2
1
1
0
  • 2012/05/23Posted by ブクログ

    途中病院の話なのか炭鉱の話なのか、第三者視点から本人目線にいきなり入ったりしてとまどった…。 途中から怖くなって面白かったです!

  • 2009/01/11Posted by ブクログ

    【目次】 まえがき  羽音/繭の中/ディプロピア/刺青/正露丸/おまけ/泡音/ローレライ/ぞろびく/八角様/雑巾様/ビニールグローブ/ヘアートニック/表と裏/饂飩/回廊 あとがき 解説

セーフモード