【最新刊】<徳川家康と戦国時代>清洲同盟がもたらした悲劇

<徳川家康と戦国時代>清洲同盟がもたらした悲劇

1冊

橋場日月

104円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    永禄五(一五六二)年に家康は信長と清洲同盟を結んだ。この外交戦略は家康にとって武田信玄を牽制する重要な意味を持っていたが、その代償も大きかった。三河一向一揆、大賀八四郎事件、信康事件など数々の悲劇が家康を襲う!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/22
    連載誌/レーベル
    歴史群像デジタルアーカイブス
    出版社
    学研
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード