<織田信長と戦国時代>天下布武の始動から本能寺の変に至るまで

工藤章興

104円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    尾張・美輪を制し戦国大名となった信長は光秀の仲介により、義昭を奉じ中央政界に進出した。ところが、やがて信長と不和になった義昭は反信長勢力と連携して大包囲網を築く。信長の前に浅井・朝倉・石山本願寺・武田ら強敵が立ち塞がった!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード