【最新刊】暗号の数理 <改訂新版> 作り方と解読の原理

暗号の数理 <改訂新版> 作り方と解読の原理
1冊

一松信

972円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

インターネットの時代。あなたを守ってくれているのは「暗号」だった! 古代ローマに生まれた「シーザー暗号」からIT時代のセキュリティを支える暗号技術までを、親しみやすい秘話を交えながら丁寧に解説。エドガー・アラン・ポーでも解けなかった暗号の解法は? “美しいが役立たず”だった整数論が突然“軍事機密”と化した天才的着想「公開鍵暗号」のしくみとは? 暗号の「しくみ」と「解き方」がわかる入門書。

続きを読む

レビュー

3.2
5
5
0
4
2
3
2
2
1
1
0
  • 2013/09/11Posted by ブクログ

    ポーの小説に出てくるような暗号から、公開鍵暗号やエニグマ暗号、更には量子暗号といった今正に研究中といった暗号まで解説しています。 公開鍵暗号や量子暗号に関してはかなり説明を端折っているので、少し(か...

    続きを読む
  • 2013/04/22Posted by ブクログ

    「踊る人形」とのフレーズに惹かれて、、 きしゃぽんコラボのブクブク交換で手に入れた一冊。 正直理系については、遥か彼方の記憶なんですが、、 RSA方式とか公開鍵暗号は仕事柄、知っておくべきかと読了。...

    続きを読む
  • 2011/01/13Posted by ブクログ

    前半は小説や戦争で使われた暗号や古代文字の解読など,暗号にまつわる話を紹介し、後半ではインターネット通販などで利用されている「公開鍵暗号」について,“作り方と解読の原理”を解説している。<改訂新版>で...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード