【最新刊】室町耽美抄 花鏡

室町耽美抄 花鏡

1冊

海道龍一朗

1,595円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    庶民の「申楽」を、「能」という幽玄の域にまで高めた世阿弥。金春禅竹はその娘婿となり、指導を受けて深く結びついていった。そして義父の最期のとき、奥義が記された伝書が遺される。世阿弥が伝えようとした秘法とは……表題作のほかに、能楽を大成した世阿弥を描く『風花』/闇を背負って禅の修行に明け暮れた一休宗純を描く『闇鴉』/わび茶の祖・村田珠光を描いた『詫茶』。求道にかけた互いの宿命が交錯する連作歴史小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/17Posted by ブクログ

      日本文化の源流を築いた室町時代を代表する四名の巨人たちを主人公にした短編集。どの作品も甲乙つけ難い味わいを醸し出している。
      ほぼ同時代に、能、禅宗、茶の世界に審美眼を備えた傑出した人物が登場してくるが...

      続きを読む
    • 2015/10/21Posted by ブクログ

      短編集。一休さんの反省を描いたお話が印象に残った。この時代のお坊さんって、大変だったんだなぁ…。いまはどんな感じなんだろう。この時代よりは楽になってるのかな。

    セーフモード