【最新刊】不動産の価格がわかる本 マーケット転換期の投資・運用策が見えてくる

不動産の価格がわかる本

1冊

著:大和不動産鑑定

3,456円(税込)
1%獲得

34pt(1%)内訳を見る

    本書は、これから就職や異動などで不動産関係の業務を始める方、既に中堅として実務を担当されている方、新たに不動産投資を考えている方向けに、不動産の価格についての基本的な知識をわかりやすく解説しています。不動産の用途は事務所、住宅、店舗をはじめとして、ホテル、ヘルスケアアセット、物流施設、ゴルフ場など多岐に渡り、注目される不動産の種類も市況によって変わってきます。用途の転換を考える場合、それぞれの物件の特性や値付けの方法を理解することが欠かせません。本書では、これら各種の不動産の特徴や評価方法を一冊でわかるようにまとめました。現場で実際に評価業務を行っている不動産鑑定士が、それぞれの専門のアセットについて、評価のポイントと考え方を解説します。実際に資産運用をされている方にとっても、収益価値向上のヒントになる1冊です。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/18
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/15Posted by ブクログ

      不動産鑑定士が普段どんな仕事をしているのかが垣間見えた。
      一回の読みでは理解出来ない為、何度か読み込みが必要かな。

    セーフモード