臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件

古野まほろ

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

    続きを読む
    • 臨床真実士ユイカの論理 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      臨床真実士ユイカの論理 全 2 巻

      1,617円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(35件)
    • 2017/05/02Posted by ブクログ

      前作に引き続き読み込みました。

      前作と打って変わって論理学要素が薄くなり、馴染みのない人でも読みやすい内容になっている。
      とはいえミステリとしての論理の難解さは変わらず、読み終わったあとのなるほどな...

      続きを読む
    • 2017/02/26Posted by ブクログ

      嘘嘘アンド嘘の論理。     
      嘘を積み上げ掛け合わせた論理。     
      まさに人を家畜にする嘘。   
      人を誘導し操る嘘。   
      いや~見事にしてやられた。    
      解決編ですべてが収束していくの様...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/05/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード