【最新刊】臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件

臨床真実士ユイカの論理

2冊

古野まほろ

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/19
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 臨床真実士ユイカの論理 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      臨床真実士ユイカの論理 全 2 巻

      1,617円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    3.5
    38
    5
    3
    4
    17
    3
    17
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      わりと犯人やらその他諸々に関する事はわかりやすく問題が配置されていたような気がする。前作のような舞台設定もないのでそこらへんもわかりやすい。でも犯人を指摘するための論理構築が相変わらずエレガントで気持...

      続きを読む
    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      言葉の真偽を瞬時に判別できる本多唯花。彼女のもとに旧家の跡取り・文渡英佐から一族のなかで誰が嘘をついているのか鑑別してほしいという依頼がくる。実は、一族が住む隔離された村で英佐の弟・慶佐が殺されていて...

      続きを読む
    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      言葉の真偽を瞬時に判別できる本多唯花。彼女のもとに旧家の跡取り・文渡英佐から一族のなかで誰が嘘をついているのか鑑別してほしいという依頼がくる。実は、一族が住む隔離された村で英佐の弟・慶佐が殺されていて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード