日本病 長期衰退のダイナミクス

金子勝著/児玉龍彦著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    長期化する不況,失業者の増加,年金制度の破綻,少子高齢化の進行など,日本経済は「長期停滞」から「長期衰退」の時代に入り,いまや「日本病」とも呼べる状態に陥っている.『逆システム学』で市場や生命の複雑な仕組みを解明した著者たちが,「日本病」のダイナミクスを明らかにし,大転換期を生き延びる方法を提示する.

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/05/13Posted by ブクログ

       18世紀、ダイナミックに動くシステムの予測のため、イギリスの牧師トーマス・ベイズにより人間の経験を事前予測とし、そこにデータを加えてよりよい事後予測を生み出す方法が提唱された。
       今日の認知・認識の...

      続きを読む
    • 2016/01/26Posted by ブクログ

      あれも嫌、これもダメと言い続けることで逆説的なカタルシスを生み出す、サイエンスを騙った偏ったスタンスのプロパガンダ。こういう人達に限って、草の根的なイノベーションに期待する、など言うのだが、ダイナミッ...

      続きを読む
    • 2016/02/27Posted by ブクログ

      よくこれだけ「こき下ろせる」なぁ。
      不安ばかりあおるショック療法なのだろうか。
      金子勝さんの性格も反映しているのでは??
      政府のスーパーバイザーになればいいのに。

    開く
    [{"item_id":"A001633799","price":"880"}]

    セーフモード