【最新刊】丸分かり激震!中国

丸分かり激震!中国

1冊

週刊エコノミスト編集部

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    年初から中国経済の失速が世界経済に大打撃を与えている。株価や資源価格の暴落、為替の乱高下など、中国がくしゃみをすれば世界はかぜをひく。「爆買い」「爆食」で世界を支えた中国の時代は終わりつつある。 本書は週刊エコノミスト2016年2月2日号で掲載された特集「丸わかり 激震!中国」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・失速する経済、資源暴落 世界に広がる負の連鎖・香港ドル ドルペッグは限界近い・2016予測 中国株   年間通して上昇トレンド   不安と落ち着きを繰り返す・2016予測 人民元   相場は年央まで元安に   2010年の水準に戻る・共産党支配の限界 崩壊防ぐのに必死の習政権・膨大な地方政府債務 天津は財政破綻の瀬戸際・国有企業 今年はメスを入れるチャンス・不動産 二極化進み景気の足かせに・日本不動産買い急増・自動車 環境と過剰生産に不安・サービス業 業績悪化する海運や商社・半導体 怒涛の買収攻勢が産業構造を破壊する・液晶パネル 18年にはシェア首位に・インバウンド 「爆買い」もやがて失速日本企業の明と暗・相次ぐ日系企業の失敗・日本の食品、外食の善戦・苦戦・インタビュー イトーヨーカ堂中国総代表 三枝富博氏・チャイナこぼれ話【執筆者】中川美帆、松本惇、長谷川克之、田代尚機、土信田雅之、平山広太、嶋野徹、遠藤誉、内藤二郎、丸川知雄、三尾幸吉郎、小夫孝一郎、桃田健史、関辰一、大山聡、田村喜男、芦田栄一郎、松原邦久、服部健治、服部正法、厳善平、週刊エコノミスト編集部

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/15
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード