【最新刊】双子の悪魔

双子の悪魔

1冊

著:相場英雄

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大和新聞の菊田美奈子が詰める東京証券取引所に、レストランチェーン・西大后に対するTOB(株式公開買い付け)情報が入った。報道により、西大后の株価は乱高下する。だが、すべては違法な仕手戦により巨万の富を得ようとした金融ブローカーの罠。魔の手はネットを通じて個人の資産にも向かう……。マネー犯罪の深部をえぐる経済ミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/15
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    2.7
    7
    5
    0
    4
    0
    3
    6
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/21Posted by ブクログ

      ネットや株取引などが手軽に知れる内容。用語解説は入れて欲しいところだが...。プロローグで「格差」をプロットし、そこを軸に登場人物を切り分けていく。自分以外のことに無関心、鈍感な者への復讐劇、と言った...

      続きを読む
    • 2019/12/06Posted by ブクログ

      経済の事もプロレスのことも株のことも何もわからないのに、面白かった。
      そして、恐ろしかった。
      これを読むと、ほんま日本って…あかんなぁ。
      自分も、自分のことしか考えれてなくて誰かを傷つけてたら嫌やな。...

      続きを読む
    • 2018/05/25Posted by ブクログ

      株価操縦というよりも、ネットのセキュリティーの怖さの方が印象に残りました。そういう意味では双子の悪魔という題名に変わったことは理解できます。ストーリー展開としても楽しめたのですが、沼島に同情してしまう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード