【最新刊】発達障害に気づかない母親たち

発達障害に気づかない母親たち
1冊

編:星野仁彦

1,000円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

家事が苦手で、いつも家が散らかっている。感情がコントロールできず、すぐにカッとなってしまう。人づきあいが苦手で、集団に馴染めない。子どもをどう愛していいかわからない。これらに思い当たる方は、本書を手にとってみてください。あなた自身が発達障害を抱えている可能性があります。発達障害を抱えた人が母親になると、母親に求められる家事のやりくりや家計の管理、親戚やご近所づきあいなどのいろいろが苦手で、それが大きな負担になってしまいます。子どもとの愛着関係が結びにくいなど、子育てに影響することも多くあります。本書では、自分の発達障害に気づかず、なんだか生きづらいと感じている母親の方々が、自身をよく知って、もっとラクに幸せに生きるためのヒントをお伝えします。1章 なんだかうまくいかない母親たち/2章 女性の発達障害には特徴がある/3章 家族の関係がこじれるとき/4章 もっとラクに生きるには 他

続きを読む

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/02/16Posted by ブクログ

    発達障害を持つ母親が意外に多いことに驚かされる。そしてその事に気付かず、自分の子供に辛くあたり家族がうまく行かなくなる。夫はうまく行かない家庭を母親に任せ、逃げ出してしまう。
    夫が妻のことをもっと知る...

    続きを読む
  • 2017/01/23Posted by ブクログ

    女性に焦点をあてた発達障害の本。
    1章~3章は・発達障害の様子(感情のコントロールがうまくいかないや、家事や夫婦関係のやり取りがうまくできない。)
    女性の発達障害の特徴
    (PMSが発達障害のない人がレ...

    続きを読む
  • 2016/07/02Posted by ブクログ

    子育てに悩む発達障害当事者の母親のための本。
    母親に対してサポーティブであるように「あなたは悪くない。よく頑張っている」というトーンで書かれている。
    発達障害の親にいいようにされた子どもの立場からする...

    続きを読む
開く

セーフモード