ノッキンオン・ロックドドア2

著:青崎有吾

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    解かないほうがいい謎なんてこの世には存在しない。若きミステリー作家が描く最高のダブル探偵シリーズ、第2弾!不可能な謎専門の御殿場倒理(ごてんばとうり)不可解な謎専門の片無氷雨(かたなしひさめ)密室事件と思いきや壁には巨大な穴が開けられていた。犯人の目的とは?(「穴の開いた密室」)、トンネルに入った女子高生が忽然と姿を消した。彼女は一体どこへ?(「消える少女追う少女」)など全6篇を収録!目次穴の開いた密室時計にまつわるいくつかの嘘 穿地警部補、事件です消える少女追う少女最も間抜けな溺死体ドアの鍵を開けるとき

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    11
    5
    2
    4
    4
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      不可能な謎専門の御殿場倒理、不可解な謎専門の片無氷雨、二人の探偵シリーズ第二弾。短編集6編。
      最後の話では、なぜこんな風に二人で探偵をしているのか、大学時代のゼミ仲間の間に何が起きたのかという過去が明...

      続きを読む
    • 2020/02/24Posted by ブクログ

      不可能(HOW)事件専門の御殿場倒理と不可解(WHY)事件専門の片無氷雨、二人の探偵が営む探偵事務所〈ノッキンオン・ロックドドア〉のシリーズ第二作。

      前作から間が空いたので設定を忘れている部分もあっ...

      続きを読む
    • 2020/02/24Posted by ブクログ

      シリーズ二作目。不可能と不可解を軽快に解き明かすミステリ短編集。
      お気に入りは「もっとも間抜けな溺死体」。たしかに間抜け……だけれど、トリックは間抜けじゃありません当然ながら。インパクトでは「穴の開い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード