ノッキンオン・ロックドドア

著:青崎有吾

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    密室、容疑者全員アリバイ持ち──「不可能」犯罪を専門に捜査する巻き毛の男、御殿場倒理。ダイイングメッセージ、奇妙な遺留品──「不可解」な事件の解明を得意とするスーツの男、片無氷雨(ひさめ)。相棒だけどライバル(?)なふたりが経営する探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」には、今日も珍妙な依頼が舞い込む……。新時代の本格ミステリ作家が贈るダブル探偵物語、開幕!(解説:杉江松恋)

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    8
    5
    0
    4
    5
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      裏染シリーズとはまた違って、ポップで楽しい一冊。
      最小限のヒントで、犯人を割り出す論理的な推理は相変わらずよかった。

      でもこの作者、硬貨が好きなのかな。10円玉とか、50円玉とか。

    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      短編だから話の流れは完結で読みやすい。
      トリックも割と納得出来る。
      ただ少しエキセントリックなキャラ造型含めた
      冗長な表現が鼻につくのは年を取ったからか。
      これのおかげで序盤はなかなか読みすすめること...

      続きを読む
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

      作者の別作品「裏染天馬シリーズ」が好みだったのでこちらも読んでみた。短編集故に謎はそこまで複雑怪奇ではないんだけどきちんと筋が通った解決がどれもされているところは流石。あと何といってもキャラが良い。二...

      続きを読む
    開く

    セーフモード