【最新刊】鉄道会社の経営 ローカル線からエキナカまで

鉄道会社の経営 ローカル線からエキナカまで

1冊

著:佐藤信之

1,034円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線……。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/08

    レビュー

    3.2
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/07Posted by ブクログ

      沿線の都市開発、観光地と直結した導線による攻めの経営と
      生活の足でありインフラとしての維持が求められる守りの経営。
      ここ数年はJR北海道での路線廃止が度々ニュースとなっているが
      歴史を紐解いてみるとか...

      続きを読む
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      大学講師が、鉄道会社について書いた本。たぶん鉄道マニアであろう著者が、鉄道を経営する会社に焦点を当て、鉄道事業、観光事業、地域開発、小売り事業などの切り口からその経営について分析している。データが豊富...

      続きを読む
    • 2014/04/27Posted by ブクログ

      上山に疎開した過去のある山之内秀一郎さんが山形のスキー場が閑散していることを憂い山形新幹線の実現に奔走したことが書いてあり、嬉しくなりました。

    開く

    セーフモード