【最新刊】凛花は夜に散らされる

凛花は夜に散らされる

著:あさひ木葉 画:音子

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「俺かあなたか。どちらが早く堕ちるか賭けないか?」。 「私は利用価値のない人間とは寝ない主義だ」。 警視庁公安部に籍を置く紀藤亮二は、その生まれ持った中性的な美貌とは裏腹に、冷酷で強引な捜査を行ってきた。しかし、ある重要な囮捜査に失敗してしまう。 「これはチーム全体の責任だ」。そう主張する部下の嘉神を退け、己の失態を取り戻すため、日頃から紀藤の容姿を気に入っている権力者を、体の取引で利用しようと考える。 だが、それを嘉神に妨害され…。そのまま嘉神に閉じ込められた紀藤は、自分にとって利用価値のない部下に体を貪られ…。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2016/04/08

レビュー

  • 凛花は夜に散らされる
    ネタバレ
    2013/09/01Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 凛花は夜に散らされる2011/06/02Posted by ブクログ

    ラブコレに番外編が載ってるので購入。刑事モノなのに事件を追うなどの行動がなく、エロばっかり。刑事っぽいエピは説明程度しかない。執着攻めは大好物ですが、それは執着する理由となるキャラクターの心情がきちん...

    続きを読む
  • 凛花は夜に散らされる2011/06/09Posted by ブクログ

    警視庁刑事部付き参事官の紀藤亮二とその部下の喜神のお話。全体的に喜神に紀藤が陵辱されていて、あっという間にお話が終わってしまいました。
    子供の頃に居なくなってしまった女の子に対してトラウマがある紀藤は...

    続きを読む
開く

セーフモード