【最新刊】天下一の軽口男

天下一の軽口男

1冊

著:木下昌輝

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂の生國魂神社に笑いの神様がいる――。その名は米沢彦八。まだ笑いが商売になっていない江戸中期に、大名の物真似で権力に歯向かい、滑稽話で聴衆の心を掴んだ男。仲間の裏切りや盗作騒動など、多くの挫折を味わいながらも自分の笑いを追求していく彦八。笑いで人を救い、笑いの為に一生をなげうった愛すべきぼんくら男、波瀾万丈の一代記。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/06
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    17
    5
    6
    4
    6
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/30Posted by ブクログ

      笑けて、そして切なさも感じる物語であった。
      主人公、米沢彦八が、人を笑わせることに対して誠実に向き合い、ときに人に騙されたりひどい目に逢いながらも、もがいてもがいてもがきぬく姿が描かれる。完全なる成功...

      続きを読む
    • 2019/10/07Posted by ブクログ

      上方落語の祖とも呼ばれる、米澤彦八をモデルとした小説。令和初の大阪ほんま本大賞受賞。

      彦八の顕彰碑がある大阪の生國魂神社では毎年彦八まつりが開催される。

      数少ない彦八の伝承噺と江戸時代の笑話から話...

      続きを読む
    開く

    セーフモード