【最新刊】クローム襲撃

クローム襲撃

1冊

ウィリアム・ギブスン/浅倉 久志・他

1,012円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全世界のコンピュータ・ネットワークの織りなす情報の宇宙、電脳空間。おれたちは神経系をデッキに直接つないで、この空間に侵入するスーパーハッカーだ。つぎのターゲットはクローム。暗黒街のボスが築いたこのデータの砦を切りくずし、大金をかすめ取ってやる…疾走感あふれるシャープな展開の表題作ほか、『ニューロマンサー』のヒロイン、モリイの若き日々を描く「記憶屋ジョニイ」、さらに記念すべき処女作や、盟友スターリングとの共作など、サイバーパンクSFの旗手として各方面から熱い視線をあびたギブスンが、ハイテク未来を鮮やかに描ききった全10篇を収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/07
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    12
    5
    3
    4
    7
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      短編であるが故か、訳者が違うからか(一部は同じ人の翻訳だけれども)、ニューロマンサーほど引き込まれるものはないな……と思って読んでいたけれど、表題作のクローム襲撃は表題になるのも納得の面白さ。記憶屋ジ...

      続きを読む
    • 2017/12/03Posted by ブクログ

      いやー作画がマジで完璧に映画で読んでてとにかくヴィジュアル面が楽しい。筋はイマイチよくわかんないものがほとんどというか、そこを追ってないから分かってないんだろうな。絵ばっかり見てた。色んな映画のトレー...

      続きを読む
    • 2017/04/02Posted by ブクログ

      SF。短編集。サイバーパンク。
      『ニューロマンサー』に続いて、2作目のギブスン作品。
      この人の文章は、どうも映像が頭に浮かばない。相性が悪いようだ。
      序文や解説にJ・G・バラードの名前が出ていたが、作...

      続きを読む
    開く

    セーフモード