ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け

小湊悠貴/イシヤマアズサ

561円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小料理屋「ゆきうさぎ」でアルバイトを続ける碧(あおい)は、大学の友人の玲沙から、母親の再婚相手のことがわからず悩んでいると相談を受けた。弟から聞いたのと実際に会ったのとで、様子が違ったのだ。碧は「ゆきうさぎ」につれてきたらどうかと提案するが? 表題作に加え、決断を助けるアイスクリーム、縁を結ぶ肉だんご、懐かしの茶碗蒸し……などをご用意しています。【目次】序章 にぎわう朝の店開き/第1話 向日葵とアイスクリーム/第2話 親子のための鯛茶漬け/第3話 肉だんごで験担ぎ/第4話 謎と追憶の茶碗蒸し/終章 静かな月夜の店仕舞い/巻末ふろく 中華粥&鯛茶漬けレシピ

    続きを読む
    • ゆきうさぎのお品書き 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ゆきうさぎのお品書き 全 10 巻

      5,885円(税込)
      58pt獲得

    レビュー

    • 2017/11/12Posted by ブクログ

      あーーーー、癒される!! あーーーー、良いッ!!
      最近、白石一文氏とか、コンビニ人間とか、ただでさえ気持ち的に不安定になる5月やのに余計に落ち込みそうになる本を読んで、夜中に
      「私こそ社会不適合者なん...

      続きを読む
    • 2019/03/28Posted by ブクログ

      シリーズ6作目。

      前作の終わり方がハラハラとした終わり方だったので
      一騒動あるとは思っていたけど、

      いつもほのぼのとしたゆきうさぎが
      今回は少し激動な巻になっていました。

      ハラハラさせられたけど...

      続きを読む
    • 2017/11/30Posted by ブクログ

      前巻に引き続き登場人物とストーリーが優しくて好きです。
      本当にいい人ばかり。

      それに碧の大食いは相変わらず。
      大学の講義があるからご飯二杯で我慢とは・・・我慢とは一体(笑)

      ゆきうさぎの料理、食べ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001782543","price":"561"}]

    セーフモード