きつね王子とひとつ屋根の下

かたやま和華/serori

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アイドル誌の新米編集者・流星きららは、都内の古い洋館で祖母と二人暮らし。ある朝、目を覚ますと、やけに綺麗な顔の青年が部屋にいた。その正体は、遠い親戚の美大生・流星桜路。亡き祖父の遺言で下宿させることになったと祖母は大喜びだが、きららは年下男子との同居に戸惑いを隠せない。さらに、桜路は「ボクは九尾の狐の子」と不思議なことを口にして……?

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/10/17Posted by ブクログ

      新米編集者である主人公は自室で目を覚ますと
      見知らぬきれいな青年がいた。

      遠い親戚らしい男の子は、自分を『きつねの子』といい
      美大生で、動物と喋れるらしい。
      と、本人に言われても、何か設定かと思って...

      続きを読む
    • 2016/05/12Posted by ブクログ

      アイドル誌の編集者になった新米社会人の流星きららの洋館に、年下の大学生・流星桜路が居候することに。しかも、彼は九尾狐の息子だというのだけれど…

      ほんわかした雰囲気のゆるいお話。短編3話構成。
      恋愛や...

      続きを読む
    • 2016/08/19Posted by ブクログ

      アイドル誌の新米編集者・流星きららは、都内の古い洋館で祖母と二人暮らし。ある朝、目を覚ますと、やけに綺麗な顔の青年が部屋にいた。その正体は、遠い親戚の美大生・流星桜路。亡き祖父の遺言で下宿させることに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001631691","price":"583"}]

    セーフモード