大前研一通信 VOL.255ライト版

大前研一通信編集部

713円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    マスコミ情報では飽き足らないあなたへ!あなたにも隠れた真実が見えてくる!! ●【内容紹介】●今回は、世界に激震が走ったフランスの首都パリで発生した11月の同時多発テロは、米国とともにシリアやイラクで、イスラム国への空爆にフランスが参加している軍事行動に対する報復だと過激派組織「イスラム国(IS)」が表明した中、ISの掃討を名目に、既に9月末にシリアへの空爆を開始していたロシアが、実は、難民問題解決の一助になるという雰囲気がヨーロッパに生まれつつある事や、内戦が続く今日のシリア情勢の原因は、アメリカの中東政策の不始末であり、アルカイダやIS、「ポコ・ハラム」などのテロ組織も、その綻びから生まれたものと指摘し、集団的自衛権行使を容認した日本のアメリカへの依存の危険性にも言及した記事を巻頭に、中国、台湾、イタリア、メキシコなど、世界の動向を、政治・経済・ビジネスの観点から俯瞰した場合、日本にとってどういう視点で捉え、備えるべきかということに関する記事を中心に構成した「日本の論点2016~17(グローバル戦略編)」と題する特集号です。後半には、「東証一部上場した郵政3社」、「初飛行に成功したMRJ」、「話題の自動運転システムの難題」や「中国共産党員のゴルフ禁止令」などを時事問題として、またDIME連載記事の高級ゴルフリゾート編も併せてご紹介します。●=========【大前研一通信 12月号(VOL.255)インデックス 紹介】========●【特集】 「日本の論点 2016~17(グローバル戦略編)」●【OPINION】 ・ロシアはなぜ、シリアに軍事介入したか (プレジデント 2015/12/14号)●【大前関連発言】・ピーターパンの放つ「新・3本の矢」 (VERDAD 2015/11月号)●・<中国>AIIB参加は愚の骨頂 アジア開発銀行強化で対抗せよ●(文藝春秋オピニオン2016年の論点100 2015/11/3)●・低調だった米中首脳会談の中身 (夕刊フジ 2015/10/3号)●・「1つの中国」のウラに中台首脳の思惑 (夕刊フジ 2015/11/14号)●・「世界一」だけをつくるイタリアの地方創生法 (プレジデント 2015/11/30号)●・世界の工場に名乗りを上げるメキシコ-メキシコの強み・優位性 (大前ライブ795 2015/10/11 他)●・巨大ビジネス創出! わが新・経済理論「アイドルエコノミー」 (プレジデント 2015/8/17号)●【教育】【大前関連発言】・1歳から18歳まで異能を開花するためのグローバル教育がここにある●(株式会社シーエム 制作)●【時事問題】・東証一部上場へ、郵政3社の未来絵図 (プレジデント 2015/11/16号)●・初飛行成功 MRJ ビジネス化には難題山積 (夕刊フジ 2015/11/21号)●・自動運転システム実用化への“難題” (夕刊フジ 2015/10/24号)●・中国共産党員 ゴルフ禁止令の深層 (夕刊フジ 2015/10/31号)●【経営】 ・CONCIERGE OHMAE 大前研一の世界の一流ホテルに学ぶ「5つ星」ビジネススキル●第7回:世界の高級ゴルフリゾートー名門コースに隣接する極上ホテル (DIME 2015/12月号)●・日立の組織再編「うまくいかない」ワケ (夕刊フジ 2015/11/7号)●・BBT関連情報 他●=======================================●

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード