大前研一通信 VOL.254ライト版

大前研一通信編集部

713円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    マスコミ情報では飽き足らないあなたへ!あなたにも隠れた真実が見えてくる!! ●【内容紹介】●今回は、大前研一の11月中旬発刊の最新刊「日本の論点2016~17(プレジデント社)」の中でも予見していた「中国の急激な崩壊」リスクにも関連する、中国バブル崩壊後に中国が軟着陸できない理由を考察した記事を巻頭に、消費税を10%へ引き上げる際の負担軽減策として、マイナンバーを活用した財務省提案の消費税還付案などの「白紙撤回」も予見していた記事や、残り任期3年の安倍政権のアジェンダは多すぎであり、低欲望社会での日本の経済を立て直すには、三つの政策を回す必要があると説いた記事に加え、TPP、再生可能エネルギー、日本郵政上場、フォルクスワーゲン不正問題などの時事問題、また「思い出の論文」には、日米間の貿易不均衡が、騒がれていた1986年当時、互いの商品の浸透度は均衡し、市場開放度も等分であり、「日米に“不均衡”はない」という、対日批判への反論・提言となる記事など、日本の抱える諸問題に関する記事を中心に構成した「日本の論点2016~17」と題する特集号です。後半には、「大前語録(小学館)」に学ぶマッキンゼー式最強のサラリーマン心得術の記事や、国際的に通用する大学入学資格「国際バカロレア(IB)機構」の「初等教育プログラム(PYP)」、「ディプロマプログラム(DP)」の公式認定校(中等部は現在、「中等教育プログラム(MYP)」の候補校に認定。)でもあるアオバジャパン・インターナショナルスクールの関連記事なども併せてご紹介します。●=========【大前研一通信 11月号(VOL.254)インデックス 紹介】==========●【特集】 「日本の論点 2016~17」●【OPINION】・中国バブル崩壊「世界大恐慌」の可能性 (プレジデント 2015/11/2号)●・残り任期3年、安倍政権に打つ手なし (プレジデント 2015/10/19号)●【大前関連発言】・白紙撤回総理 (VERDAD 2015/10月号)●・TPP合意で心配される“事態” (夕刊フジ 2015/10/17号)●*地熱発電のさらなる推進を (夕刊フジ 2015/9/26号)●*【日本郵政上場】成長シナリオなく疑問だらけ (夕刊フジ 2015/9/19号)●【思い出の論文】 ・日米に“不均衡”はない (文藝春秋 1986年4月号)●【時事問題】・VW不正問題 名門ボッシュに波及必至 (夕刊フジ 2015/10/10号)●【ビジネス】・「世界の一流ホテルに学ぶ5つ星ビジネススキル特別編●『大前語録』に学ぶマッキンゼー式最強のサラリーマン心得術 (DIME 2015年11月号)●【大前関連発言】・アオバジャパン・インターナショナルスクール 自ら学び、行動に移せる人を育む●・インターが目指す道とは? 偏差値教育では測れない領域で活躍する人間を育てたい●・Top Interview アオバジャパン・インターナショナルスクール 世界を変えるリーダーを育む国際標準の教育プログラム●(AERA English 特別号 英語に強くなる小学校選び 2015/9/7掲載 朝日新聞出版)●・BBT関連情報 他●==============================================

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード