【完結済み】なのはな 新装版

なのはな 新装版

完結

萩尾望都

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

いま再び届けたい「あの日」からの物語 3.11の震災とそれに続く原発事故に衝撃を受けた著者が立て続けに発表した作品の数々。フクシマに住む少女が主人公の表題作「なのはな」や放射性物質と人間との関係を描いた3部作など、2012年に上製本で発売され注目を集めた『萩尾望都作品集 なのはな』に加えて、ビッグコミック本誌に掲載された「福島ドライヴ」を収録した、コミックスサイズ(B6判)の新装版。新装版にあわせての書きおろし「あとがき」も掲載。

続きを読む
ページ数
198ページ
提供開始日
2016/04/08
連載誌/レーベル
flowers
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    2011年6月28日発売の""月刊flowers""8月号で発表された震災後の福島県を舞台にした『なのはな』と、放射性物質を擬人化した『プルート夫人』『ー雨の夜ーウラノス伯爵』『サロメ20××』の原発...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    『私の少女マンガ講義』の作中にでてきて、読みたいなと思ったので購入。
    『プルート夫人』はなんだか山岸凉子テイストが入っていて、両氏が好きな私は妙に嬉しくなってしまった。
    『福島ドライヴ』の大五福龍丸の...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    福島の原発事故や放射能の話なんだけど、プルトニウムやウランが擬人化していたりサロメが出てきたり銀河鉄道に乗ったりよくわからない。眠くない時にもう一度読もう。

セーフモード