雨心中

唯川恵

743円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    周也だけがたったひとつ、私のもの――施設育ちの芳子と周也は、実の姉弟のように生きてきた。仕事が続かぬ周也を常に優しく受け入れる芳子。芳子にはわかっていた。周也を甘やかし、他人から受け入れられないことを受け入れられないほど駄目にしてきたのは自分だということを。そして周也がある罪を犯したとき、芳子は二人でもう戻れない選択をする――幸福に向かっているのか。絶望に向かっているのか。直木賞作家の意欲作!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    28
    5
    2
    4
    9
    3
    15
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/14Posted by ブクログ

      恋愛小説とあるけど、恋愛なのかどうかは最後まで私には分からなかった。愛はあるけど、恋ではないと思う。

      よくここまでというぐらいの不運な運命。幸せになる資格は誰にでもあるはずなのに、そのチャンスを自ら...

      続きを読む
    • 2018/09/01Posted by ブクログ

      なんだかわかる気がする。気がするだけかもしれないけど
      お母さんの愛にも似てる気がする。究極の愛でいて、依存であって。自由に動きようにも動けてない孤独になれない周。
      スッと入ってくる文章。本の道が開...

      続きを読む
    • 2018/08/09Posted by ブクログ

      有村架純ちゃんがおすすめしていたので、読んでみました。貧困層の生活、人生。私は同情できない部分が多く、感動できませんでした。

    開く

    セーフモード