【最新刊】西方の音

西方の音
1冊

五味康祐

486円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

時代小説家として名高い著者は、その一方で熱烈なHi-Fiマニアでもあった。その著者が、自ら手にしたレコードと再生装置について限りない愛情を込めて語る名エッセイ。『芸術新潮』誌に連載され、その紙価を高めたとも言われる音楽エッセイの代表作である。

続きを読む

同シリーズ 全1巻

レビュー

レビューはありません。

セーフモード