【完結済み】死の島(上)(新潮文庫)

死の島

完結

2冊

福永武彦

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冬の朝、薄気味の悪い夢からさめた相馬鼎は創作ノートを繰りながら机の上に掛けられた絵を眺める。彼は300日前に展覧会場でみたその「島」という作品にひきつけられ、作者の萌木素子を尋ねる。暗い蔭をたたえた被爆者の彼女は、あどけなく美しい年上の相見綾子と二人で住んでいる。相馬が勤務先の出版社について間もなく、広島の病院から二人が心中したという報せをうける……。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • 死の島 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      死の島 全 2 巻

      1,540円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    4
    4
    5
    2
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      生きているのか、死んでしまったのか。素子と綾子の身を案じる相馬を乗せた東京発の急行列車は夜を繋いで走り続け、京都、神戸、姫路、岡山-と移り行く風景や車中での会話が彼の心と記憶を写し出す。そして目的地・...

      続きを読む
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      「島」という絵を通じて相馬が知り合った女性-広島で被爆し心と体に深い傷を負った芸術家・素子と彼女と暮らす美しく清楚な綾子、双方に惹かれてしまった彼の許に二人が広島で心中したという報せが届く。これは一日...

      続きを読む
    • 2013/05/05Posted by ブクログ

      福永武彦のいちばんの名作と紹介されて、読みました。
      いくつものテーマと、いくつもの時空と
      死とか愛とかのテーマの下に、最も大きく広がる原爆。そして全体の根底を流れる、うすくて広いまた他のテーマと…
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード