地図でわかった原油恐慌

週刊エコノミスト編集部

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    原油価格が低迷し、サウジアラビアやクウェートなど中東諸国の政府系投資ファンドが、日本企業株を売却している。資金は本国の財政赤字の穴埋めに使われ、株式市場から逃げ出したオイルマネーはすぐに戻りそうもない。 資源安と新興国の先行き不安、中国経済の減速は金融市場の混乱と共振し、乱高下を招く構造を世界地図で詳細に分析した。 本書は週刊エコノミスト2016年1月18日号で掲載された特集「地図でわかった原油恐慌」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・原油安発の世界マネー変調 オイルマネー逆流でリスク回避・サウジアラビア 原油生産と財政破綻のチキンレース・イラン 制裁解除で供給過剰の主役に・インタビュー 寺島実郎・日本総合研究所理事長「金融市場を襲う負の連鎖」・経常収支 資源国から輸入国へ富の大移転・中国 石油製品輸出で原油市況圧迫・中国 供給過剰で鋼材輸出止まらず・インタビュー ジャレド・ダイアモンド「原油採掘の高負荷化が招く資源枯渇は脅威」・資源・エネルギー企業 原油安・資源安で破綻危機・シェール企業 4月の資金繰りがヤマ場・米国・カナダ 北米に新たな地政学リスク・ブラジル 膨らむ隠れ借金で財政底なし沼・今年の原油平均価格見通し   供給過剰の解消で上昇基調   下振れリスクを抱えた原油安相場   世界経済の不安で、下振れ懸念【執筆者】谷口健、金井暁子、大堀達也、畑中美樹、永田安彦、黒瀬浩一、後藤逸郎、金井暁子、柴田明夫、藤戸則弘、野神隆之、在原次郎、森川央、江守哲、井上淳、芥田知至、週刊エコノミスト編集部

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001630554","price":"330"}]

    セーフモード