君を手放せなくて

虹海美野

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    俺は優希也の手首を引き寄せ、頭から抱き締めると、左手で顎を押さえて口を開けさせ、キスした。優希也は背を硬くしたけれど、俺が舌を入れると、ゆっくりと力を抜いた。目を開けると瞬きもせずに立ち尽くしている咲下がいた。俺は咲下から目を逸らし、されるがままになっている無邪気な優希也の透き通るように美しい顔を見た。こんな優希也の顔を見ると、俺は何度キスをしても、目を閉じられなくなる。麗央を見ながら僕は思う。どうして、こんなこと、してくれるの?(本文より)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード