【最新刊】江戸川乱歩作品集 十一

江戸川乱歩作品集
11冊

著:江戸川乱歩

108円(税込)
ポイント 1pt

通常ポイント:1pt

日本の探偵小説界に大きな足跡を残した江戸川乱歩の短編三本を収録。偶然知り合った男は昔の初恋の女性の弟だった。そして明かされる若い頃の真実「モノグラム」。貧困家庭は産児制限をすべきか。広場に生えていた堕胎の毒草を巡って男の苦悩「毒草」。恋敵を拳銃で撃ち殺した男。絶体絶命のピンチだが完全犯罪を思いつく……「灰神楽」。※読みやすくするため現代の言葉に近づけてますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

続きを読む

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
  • 2019/02/04Posted by ブクログ

    江戸川乱歩の短中編5編。 ちょっとした言い回しとか口調とかが多少時代がかっているけれど、今読んでも十分面白い。 一番好きなのは「何者」。友人の屋敷で起きた強盗事件。居合わせた友人の脚を撃ち、金製品ば...

    続きを読む
  • 2019/01/27Posted by ブクログ

    新潮文庫の『江戸川乱歩名作選』に続いて思わずこちらを。2017〜18年にかけて岩波文庫に江戸川乱歩が収録されたのですね〜 知りませんでした。作品集1が在庫切れでしたので2から。 いやー、久しぶりに読ん...

    続きを読む
  • 2018/10/29Posted by ブクログ

    一枚の切符 陰獣 何者 黒蜥蜴 断崖 著者:江戸川乱歩(1894-1965、名張市、小説家) 解説:浜田雄介(1959-、愛知県、日本文学)

もっと見る

セーフモード