【最新刊】エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話

1冊

著:下川耿史

919円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    日本の歴史にはエロが溢れている。国が生まれたのは神様の性交の結果で(そしてそれは後背位だった)、奈良時代の女帝は秘具を詰まらせて亡くなった。豊臣秀吉が遊郭を作り、日露戦争では官製エロ写真が配られた。――本書ではこの国の歴史を彩るHな話を丹念に蒐集し、性の通史としていたって真面目に論じてゆく。「鳥居は女の大股開き」「秘具の通販は江戸時代からあった」など驚きの説が明かされ、性を謳歌し続けてきたニッポン民族の本質が丸裸になる!●混浴とフリーセックスで生まれた神々●あの大黒さまが夜這いの元祖●日本初の尼は全裸でむち打たれた●平安のエロ本は陰茎を擬人化した物語●初の春画は法隆寺の天井裏に描かれた●戦乱の世でセックス宗教が大人気●「全国243大名の性生活調べ」(『土芥寇讎記』)には水戸黄門の名前も●吉原太夫の客にありがちな下半身の悩み●日本人の並外れた淫乱ぶりに憤るペリー ……など

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/29
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.1
    7
    5
    0
    4
    1
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/12/10Posted by ブクログ

      「人生とはペニスとバギナの離合集散のドラマだ。そのドラマを見据えることが、歴史と正面から向き合うことにもなるはずだ」

      というよくわからない理屈から始まる本書。
      着目点は大いに共感するのだが、そもそも...

      続きを読む
    • 2017/02/17Posted by ブクログ

      2017年2月

      性の通史と呼ばれるものがなく、それを編纂しようとした一冊。
      民俗学の本などは今までほとんど読んだことがなかったが、なんとなく日本人は性に対してかなりオープンな民族であったというような...

      続きを読む
    • 2016/11/15Posted by ブクログ

      テーマを丁寧に拾い集めておられ、雑知識欲を刺激された。
      特に道鏡のくだりなどはいろいろと疑問があったので、妙にスッキリ!

    開く

    セーフモード